フリーライター・海野りんごのお仕事日記

webライター5年目・海野りんごの仕事記録です。妊婦ライターにジョブシフト中。

フリーライターの月初経理処理

3月ももう4日だ!時がすぎるのは早いですね。

私は、個人事業主としてライター業務を行っています。今年も確定申告を乗り越え、一安心。今回で確定申告は3回目。青色申告は2回目でした。

初回の青色申告は、すべての入力を確定申告期に行ったので、ヘトヘトに…。それを大反省して、2015年から毎月月初に経理入力の時間を設けています青色申告の控除を貰うためには、しっかり記帳せねばならないのです。

毎月経理入力の時間を設けている理由

私が月初に経理業務の時間を設けているのは、以下の理由からです。

  • 確定申告期に大変なのが嫌だ
    (確定申告期も、通常通り仕事はあるので…)
  • 1年に1回の作業だと、やり方が思い出せずにムダな時間がかかる
  • 毎月売上が確定するのでモチベーションが保ちやすい

「確定申告期だけに余計な仕事が増えるのが嫌だ!!」という理由が大きいですね。

月初の経理業務でやること

「月初業務」と書いてしまうと、大層な業務に思われそうですが、やることは意外とシンプルです。全部やっても、1時間かからないくらい。仕事に余裕がある時に、息抜きも兼ねて行います。テレビとか見ながらやる時もあります。

  1. ランサーズの入出金明細、銀行の明細、クレカの明細をコピペしてExcelにまとめる※後々見返す時も便利!
  2. 弥生会計オンラインを起動
  3. 売上を入力(請求書、ランサーズの明細を元に)※基本は前月分をコピーして額を入れ替えるだけなので楽
  4. 銀行の明細を1行ずつ入力※生活費の出金、個人的出費は「事業主貸」で処理
  5. クレカ明細から、経費分を入力
  6. (経費の現金支払いレシートを入力)※これはほんとうに頭使わなくていいので、後日やることが多い

個人事業主なので、取引先も10件位しか無いし、経費といってもたかが知れているので、毎月コツコツやるのもあまり苦ではありません。お小遣い帳みたいに、こまめに事業費全体を俯瞰できるのでおすすめです。

私は青色申告しているので、こういった細かい記帳が大切なんですよね。面倒くさいけど、控除額が大きいから費用対効果はかなり大きいです。

一度習慣にしてしまえば、フリーランスにとって大きな財産になるスキルです。毎月やるから頭に残るし、確定申告期の気の焦り・ストレスが無くなるのも嬉しい。まだ今年も2ヶ月しか終わっていません。「確定申告で苦労した…」みなさんは月初の経理を習慣化してみてください~!

おまけ:大空祐飛さんから学んだこと

私は宝塚歌劇が好きです。専用チャンネルスカイ・ステージにも加入しています。スカステで元宙組トップスター・大空祐飛さんのインタビューが放送されたのですが、それが非常に勉強になりました。

どんなに苦労しても、表現者にとってはその苦労が味になること。周りに何を言われても、比べるべきは過去の自分であること。

男役という1つの道を極めたゆうひさんの言葉は重かったですし、いわゆる「王道」を歩んでこなかったゆうひさんだからこその説得力がありました。

欲を言えば、すみ花ちゃんについての言及も欲しかったナ~!ゆひすみ時代の宙組が私の初宝塚で、初恋の宝塚で、すべての原点なんです。そんなわけで、今日はゆうひさん時代の宙組作品見て寝ようと思います。何がいいかな~仮面のロマネスクにしようかな。